介護職求人を年齢不問で探すときの注意点とは

介護職の求人で年齢不問のところは意外と多くあります。介護の業界では人手不足です。たとえ資格が無くても、デイサービス等求人は必ず見つかります。正社員ですと、定年制となりますので65歳までに定年退職することを決めている事業所がほとんどです。派遣やアルバイトであれば、定年制がないので、何歳でも働けます。夜勤もある介護職ですが、65歳の方でも元気で夜勤をしている方もいます。注意すべき点は介護の現場は体力勝負の場面が多いということです。お風呂の介助やオムツ交換等では、体を持ち上げたりする必要があり、非常に体力を要求されます。夜勤も有る為、体力に自信の無い方は、注意が必要です。体力的にきついと業務が務まりませんし、周りの同僚にも迷惑をかけることになり、職場で孤立することにもつながります。

年齢不問の介護職求人で注目するポイント

団塊の世代だ75歳以上なる、2025年にはかなりの人手不足が予想されます。その人手不足の中、高齢でも戦力になれれば、貴重な存在です。失業の心配がありません。年齢不問で求人を探している、高齢の方におすすめなのが、デイサービスです。まず夜勤がありません。基本的に9時から5時の間で、利用者の利用時間が決まっているので、残業も少ないです。デイサービスは在宅介護を受ける必要がある高齢者たちを施設に呼んで介護するサービスです。送迎付きで食事や入浴、レクリエーション等を受けられます。閉じこもりの防止や孤独の解消を目的としています。利用者も比較的、自立度の高い方が多く、介護の記述より、使用者を楽しませる能力が大事です。レクリエーション活動に自信があれば、活躍できます。送迎では福祉車両の運転が必要で車種も大きな物ですから、運転できる人は重宝されます。

年齢不問の介護職求人で目指すもの

人手不足な介護職の業界でが、第2の人生の場として選ぶ方も多く、施設側の歓迎しているところも有ります。会社を早期リタイヤされた方や、リストラを受けた方で介護業界へ転職する方も多いです。年齢不問で介護職求人を探す際に前職の経験を生かせるものをさがすのも良いです。マネジメントの経験があれば、管理職を目指すことも出来ます。入浴介助や排泄介助のような介護の技術を求められません。売上の数値管理や営業活動、スタッフのマネジメント等やることが違うのです。実際、営業職や飲食店の店長等いろいろな職歴の方が管理職についています。リーダーシップやチームをまとめるスキルを求められますので、そのような経験のある方は重宝されます。管理者候補という採用枠がありますので、そのような求人を探していきます。年齢不問で求人を探す際は業務内容をしっかりと確認していくことが必要です。