年齢不問の介護職求人が素早く見つかる方法を教えます

定年後や子育てを終えた頃の仕事として介護職という選択があります。介護の仕事は体力が必要で、シニア世代には難しいと思われるかもしれません。実際に求人情報を見ても、年齢不問の募集は多くありません。しかし、法律上は介護職に就くための年齢制限はなく、60~80代の方も就業できます。介護職は無資格でも働くことができます。無資格の場合、食事の支度や掃除、洗濯、買い物、話し相手になるなどの「生活援助」を行うことが可能です。資格が必要になるのは、食事や入浴、排せつの補助のような「身体介護」の範囲になります。訪問介護もこの範疇です。身体介護を行うためには「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」以上の資格が必要です。こちらも受験資格に年齢制限はありませんので、シニア世代の方も取得すれば幅広い介護を行えるようになります。

シニア世代こそ活躍できる介護の世界

無資格でもできることの中に「話し相手になること」がありますが、利用者の方とのコミュニケーションは介護においてとても大事な仕事です。シニア世代の方が介護をする時のメリットとして、世代が近いため共通の話題が見つかりやすいことがあります。経験してきた文化や思い出を共有することで利用者の方と様々な話ができることは強みになります。介護職を志す方は家事を得意とする方が多いかと思います。年齢不問の求人で介護資格も不要な場合、加えてコミュニケーションが得意である方ほど活躍できるでしょう。しかし、やはり不安になるのは体力面の問題です。介護職では自分と同等かそれ以上の体格の利用者さんの体を支えるような力仕事もあり、常に立ち働くことになります。24時間人手が必要な職業ですので、深夜の勤務を求められることもあります。常に人材不足の問題がある業種です。

介護求人を探す時に見るポイントは

身体介護や深夜勤務はシニア世代には難しいことが分かりました。ただ、無資格でできる生活援助の範囲の仕事であれば、活躍の場が見出せそうではありませんか?高齢者層が大多数となる近年、身の回りのことを少しだけ手伝ってもらいたいという利用者の方も増えつつあります。年齢不問の介護求人を見つけたら、資格の要・不要や勤務時間を確認しましょう。買い物をするだけ、掃除をするだけでも利用者さんの役に立てるような求人があるかもしれません。体力面に自信がない場合、日雇いや短期雇用で働いてみてはいかがでしょうか。現在の労働者派遣法改正では基本的に日雇い派遣の短期雇用は禁止されていますが、特例として60歳以上の場合は日雇い派遣が可能です。介護に興味はあるけれど未経験でいきなりフルタイムで働くのは不安だという方は、まずは短期で介護職を経験してみるのも一つの手です。