年齢不問の介護職求人を探すおすすめの方法を解説します

介護職は、定年退職が無い職種と言われています。年齢不問の介護職の求人もインターネットの求人サイトなどでは探し安い職種になっています。特に介護助手の仕事は、資格はないけれど、介護の仕事がやってみたいという人にはうってつけの仕事と言えます。先輩の介護職員のそばで働きながら介護について学ぶことができるのです。介護助手は、介護補助職や介護補助員などとも呼ばれることがあります。介護職員の補助として現場で働く人のことで、資格は必要ありません。国家資格をもつ介護福祉士は、専門的に介護業務に専念し、部屋の整備などは介護助手や介護補助が担うというのが介護助手の一般的な役割です。介護助手は、現場で働く人の労働力を確保し、介護のレベルを上げるために欠かせない存在ですし、年齢不問のことが多いです。

年齢不問・経験不問の介護職の求人は、介護助手がおすすめ

デイケアなどの施設や、有料老人ホームは年齢不問の介護職の求人が出ていることが多いです。その理由は、人員不足と行う業務が年齢に関係なく出来るからです。人材不足は、何十年も前からずっと言われ続けていることです。また、介護職は、給料が安い、とかついとか汚いなどと言われ、3Kと呼ばれていて職員が集まらないため年齢不問にしなければ仕方ないという現状にもあります。そして、年齢に関係無く出来る仕事というのは、洗濯や清掃などです。洗濯や清掃は、主婦ならその延長線上で出来る仕事です。従って、特別難しいことではありません。年齢が高い人は、利用者との年齢が近くなり、介護士のスキルとしてはメリットになります。年齢が近い分だけ話もあい、お年寄りも安心して介護を受けることが出来ていいです。

年齢不問の介護職の求人は、65歳までに申し込むのがおすすめ

齢不問の介護職の求人が見つからない場合でも大丈夫です。一般企業の定年退職は60歳ですが、介護職員の定年退職の年齢を65歳としている企業がとても多いのです。しかも、「再雇用あり」のところがほとんどです。何歳になっても働き続けることが出来るのです。年齢不問とほとんど変わらないです。さらに、介護職は、就職し安いだけでなく他の施設に転職し安いということがメリットに挙げられます。また、3年の実務経験を積めば国家資格である介護福祉士の資格を取得することができます。合格率はおよそ50パーセントくらいです。介護福祉士の国家資格があれば、もう職場は好きなところが選べます。介護福祉士は現在の介護業界では引っ張りだこ状態です。今よりも条件の良い職場に就職できるだけでなく、場合によっては管理職を目指せることもあります。