外壁塗装関連情報

HOME外壁塗装の基礎知識

最終更新日:2017/11/20

外壁塗装の基礎知識

オシャレな家

色々と外壁塗装について触れてきましたが、ここで改めて外壁塗装の基礎知識を紹介してみることにしましょう。
何故、外壁塗装をするのかについては、防水のためという一例を挙げました。
雨水などが入り込むことで外壁だけでなく、家の素材が劣化させないようにするという目的です。
それがひいては家の寿命を延ばし、家を長く守っていくことに繋がるのです。
ですが、一度塗ったからといってずっとそのままにしていいといわけでもありません。
何事も衰えます。
雨水が入る入らない云々以前に、長く外気にさらされ続けることにより、やがて外壁塗装がはがれてしまうということも充分にあり得ることです。
外壁塗装がはがれることで隙間が生まれ、もしかするとそこから雨水が入り込むことがあり得ますし、あるいはシロアリなどの小さな虫をはじめとする生き物が侵入することもあり得ます。
そういった「もしも」などを防ぐためにも、外壁塗装の塗り直しが必要になります。
これが外壁塗装のメンテナンスで、その周期は使用されて外壁材によって違います。
よく使われるのがシリコン系のもので、耐久性が安定し、なおかつ費用も安価なものが多いです。
こちらの耐久度は、7年~10年といわれており、この間に塗り直しをすることで家の耐久性を維持することが出来ます。
最近話題になっている塗料が光触媒塗料というもので、セルフクリーンという自然の力で外壁を綺麗にしてくれるというものです。
外壁は外気にさらされていますので、汚れが自然と溜まっていきます。
汚れが目立ってきたら綺麗にしたいと思うでしょうが、かといって素人の手でどこまで綺麗に出来るのかもわからないですし、業者に依頼するにしても費用が掛かります。
しかし、この光触媒塗料は自然と綺麗にしてくれる特殊な力を持っていますので、それに悩まされることはありません。
耐久度も、10年~15年とシリコン系より長いのが特徴です。
その他にも色々な塗料の種類がありますので、重要視したいポイントや予算から塗料を選んでいくといいでしょう。
さて外壁塗装、つまりは塗るということですので、色合いについても気になる人はいるのではないでしょうか。
外壁塗装でカラーを意識すると、他の家にはない特徴を発揮出来るので、家の見た目を意識する人にとっては外壁塗装のカラーにも注目します。
こういう人達は自分の美意識に従って外壁塗装のカラーを選ぶでしょう。
また、周りの家に合わせるようにカラーを選ぶという人達もいます。
よく選ばれるのは、ベージュやオフホワイト、茶色など、よく見かけるような色を選択肢、外壁塗装を行っています。
ただ外壁塗装は前述したように周期がありますので、一度塗った色は数年はそのままになります。
後悔しないような色の選択が大切だということを覚えておきましょう。

一覧はこちら

外壁塗装ランキング

TOP