外壁塗装関連情報

HOME外壁塗装の注意点

最終更新日:2017/11/20

外壁塗装の注意点

家

外壁塗装について様々なことを知った上で、さあ業者に依頼しようとなった際にも気を付けておくことがあります。
ここではそんな外壁塗装についての注意点について触れてみましょう。
気を付けておきたい点について、一番の注目ポイントはやはり業者です。
良心的な業者を選ぶことで、安心安全の外壁塗装が行えるといっていいでしょう。
そのために信頼できるような業者を見つけることが大切です。
業者を自分で見つけるのもいいですが、その際にはいくつかの業者を比較してより良い業者を選びましょう。
少し自信がないという方は、良質な業者を紹介してくれるサイトを頼るのも良いでしょう。
そして、悪徳業者に出会わないように注意するポイントの一つとしては塗料についてです。
業者によっては値段を抑えられますよ、と何かと安さをアピールするところがあり、予算などの都合で出来る限り抑えたいと考える心理を突いてくるわけです。
ですがそれはあまり良くなく、あまりに安さをアピールしてくるようなところは避けた方が無難です。
また塗料にもランクがあります。
外壁はいいランクのものを使用しつつ、他の部分はランクを抑えることで安くしましょうという宣伝です。
ですが少し待ってください、ランクが違うということは、耐久性も違うのではないでしょうか。
周りが10年は持つ塗料を使っているのに、一部はそれよりも短い塗料を使っていることにならないでしょうか。
周期で見て約10年後に塗り直すとして、短い塗料ですと早くに劣化しやすくなることになります。
仮に5年で劣化が始まると、最長でまた5年も待たないといけないなんてことになれば目も当てられません。
そのため、全て同じランクの塗料を使っている見積書なのかを注意して見る必要があります。
他にも見積書で注視しておくことは「3度塗り」をしているかどうかです。
外壁塗装は3度塗りを基本としていて、最初に下塗りをして上に塗る塗料をつきやすくし、次に中塗りをして締めに上塗りをします。
この中塗りと上塗りは、同じ塗料を重ねて塗っており、こうすることでより強い効果を発揮させやすくしています。
つまり3度塗りをしていないということは、塗料の効果を最大限に発揮させていないことであり、耐久性などが想定よりも悪い状態になっているということです。
見積書に3度塗りが記載されていないところは信用できないということに繋がりますので、これもまた注意して見るべきポイントといえます。
外壁塗装について注意しておきたいものの一例としてこれらを挙げてみました。
他にも気を付けておきたいことはあるでしょうが、やはり一番重要なのは信頼できる業者に出会えるかどうかにかかっています。
口コミなどの評価を見て、しっかりと業者を選んでください。

一覧はこちら

外壁塗装ランキング

TOP